給料3ヶ月分はもう古い?!

婚約指輪の価格の相場が給料3ヶ月分と言われるようになった理由

プロポーズの時に男性が贈る婚約指輪は、それを受ける女性にとって一生の宝物と言えるでしょう。その婚約指輪の価格について、給料の3ヶ月分が相場だという話を耳にしたことがある人は大勢いるはずです。しかし、なぜ給料3ヶ月分と言われるようになったかの理由についてはあまり知られていませんが、実はあるジュエリー会社のキャッチコピーがその由来になっています。1970年代にダイヤモンドのジュエリーを販売する会社が、自社の高級な婚約指輪を買ってもらいたいという意図で作り上げたフレーズなので、それほど深い意味があるわけではなかったのです。そして、以前は世間一般でそのように言われることが多かったのですが、現在では婚約指輪に給料3ヶ月分をかけなければいけないという考えは、もう古くなってしまっているようです。

現在の婚約指輪の価格の相場は三十万円くらい

給料3ヶ月分という婚約指輪の価格の相場が過去のものになっているのは、最近の若い人たちの間で堅実志向の人が増えていることが大きな理由だと考えられます。婚約指輪にそこまで大きな費用をつぎ込まなくなっているのです。現在の婚約指輪の価格の相場は三十万円より少し高いくらいだとされているので、明らかに給料3ヶ月分よりも安い商品がよく買われています。昔は日本の景気が今よりも良かったので、給料3ヶ月分かそれに近い高額の婚約指輪を買う男性や、それをもらって喜ぶ女性が少なくありませんでした。しかし、景気が悪い状態が長く続いている今の日本では、無理して高い婚約指輪を買っても仕方ない、もっと役に立つことにお金を使った方が良いといったように考える若い人が増えたのです。

婚約指輪を横浜で買うなら、50ブランド3000種類以上のブライダルリングが置いてあるお店があるので自分の好みのリングが見つかります。